インターネットFAXのカラー印刷

インターネットFAXを白黒ではなく、カラーで送ることは可能?

FAXは文字だけでなく、画像を送信できますので、いろいろな使い方ができます。モノクロだけでなく、カラーで送受信することができれば、より便利なツールとなると考えるのは自然でしょう。果たして、インターネットFAXでカラー画像の送受信は可能でしょうか?

そもそもFAXはモノクロでの使用が前提

どんな形式であれ、FAXでは原稿をモノクロで送信するのが前提となっています。通常、FAXで画像を送ってほしいと言われた場合、カラーでの送信は期待されていないものです。とはいえ、やはりカラーで画像を送れたら利便性がぐっと高まるということで、ごく一部の機器ではカラー送受信ができます。
ただし、従来の電話回線を用い、特別な複合機を使った場合に限られます。しかも、相手も同じようにカラー送受信に対応した複合機を持っている必要があるため、利用できる範囲がかなり限られてしまいます。こうしたことから、基本的には従来のFAXでもカラー送受信ができないことが多いのです。
これには理由が存在し、従来の電話回線でカラー画像を送ろうとすると、かなりのデータ転送量を必要とするため、通信時間と通信料金が上がってしまうのがその理由です。カラーだと一気にデータ量が増えるため、通信速度が遅い電話回線では、送信しようとしてもなかなか送れないのです。結局、利便性が下がってしまいますので、現実としてはニーズが小さいわけです。
さらに、転送量とスピードが低いため、カラー画像を送ろうとしても画素が粗くなってしまって、緻密な画像の送信ができないという技術的な問題もあります。色が再現されるとしても、画像が粗くては送信する意味があまりなく、実用的ではありません。

インターネットFAXもカラー対応はしていない

インターネットFAXでも、やはりカラーでの送受信には対応していません。というのも、インターネットFAXの送信先には、従来の電話回線を使ったFAXが使用されることも多いからです。つまり、インターネットFAXを契約している企業側がカラー送受信に対応しているとしても、相手方が通常のFAXであればモノクロでしか受け取れないため、意味がないわけです。需要がないということで、どのインターネットFAX会社でもカラー対応はしていないのです。
そもそもカラーの画像を送りたいのであれば、インターネットFAXを使わなくても良い時代になっています。PDFやJPEGなどのファイルをメールに添付して送れば済みます。紙ベースで気軽に原稿を送りたいのであればFAXでモノクロ文書を送る、緻密なカラー画像であればメールで送信、といった使い分けがなされているのです。
FAXでカラー画像を送ると画像が粗くなるのは、インターネットFAXでも同じことです。先述したように、相手方が従来の電話回線を使ったFAXであれば、送信側がネット回線で原稿を送っても結局は変わらないわけです。

カラーFAXにこだわらず、上手にサービスを使い分けよう

カラー画像をFAXで送るのは、特殊な環境では実現可能ですが、一般的には浸透していません。また、インターネットFAXではカラー送受信に対応していませんので、白黒原稿しか送れません。そもそも、カラー原稿のFAX送信には無理があるものですから、無理にカラー送受信にこだわる必要はないでしょう。むしろ、モノクロ文書はインターネットFAX、カラー画像はメールというように、サービスの違いを理解して、上手に使い分けることが大切です。


インターネットFAXランキング

  1. No.1valueFaxBiz

    valueFaxBizの評判や特徴

  2. No.2モバックス

    MOVFAXの評判や料金

  3. No.3メッセージプラス

    メッセージプラスの料金や評判